生活必需品

薪ストーブは生活の必需品でした

薪ストーブは日本の一般家庭では見ることが少ない特殊な暖房器具です。寒い地域の店舗施設などでインテリアの一部として設置されていたりするのを見かけたりする程度かもしれません。しかし、ヨーロッパなどの冬の長い地域では昔から現在まで、よく使用されているものです。 薪ストーブは森林に囲まれ、薪に出来る端材や丸太が手に入りやすい場所で活用されます。ログハウスなどの大きな空間でも、電気や他の燃料を使うことなく部屋を暖めることが出来ます。 また単に暖を取るための道具としてだけでなく、日本の囲炉裏やカマドと同じように、調理機能がついたクッキングストーブというタイプも利用されてきました。 電気が使用できない場所でも部屋を暖め、調理もできるという、生活に無くてはならないものだったのです。

特別な暖かさに注目が集まります

薪ストーブの魅力はなんといってもその言葉では言うのが難しい暖かさです。薪からあがる炎を眺めていると気持ちまで癒されるようなじんわりとした暖かさに包まれます。 通常の暖房器具では味わえない暖かさを求めて、最近は日本でも薪ストーブを設置したいという人が増えています。薪ストーブの設置や使用方法には特別なことも多々あるので注意が必要です。薪ストーブ本体とは別に煙突や炉台が必要で、安全に使用するための基準を守らなくてはなりません。薪ストーブ専門の業者などもあるので、そちらでよく相談してみると良いでしょう。 地球温暖化の問題がますます叫ばれるこれからの時代に、薪ストーブのエコロジーさや人を癒すような暖かさはさらに注目が高まる可能性を秘めています。